自宅練習のしかた1

ALLパート編
皆さん楽器を初めて、最初に演奏する曲ってコピーですよね。コピー超重要です。
この章では将来オリジナルをやるようになってからも役に立つように、ちゃんとテクニックが実に付くコピーのしかた、を中心に説明していきたいと思います。

初心者の方の演奏を聴いていて、手は動いているのに、本物のノリが出せてなくて、もったいないなー、と思うことがよくあります。

スコアを使う人が多いと思うんですが、「本物の音をコピー」では無く「スコア通りに弾く」になってないでしょうか?

サンプルフレーズスコア

簡単ですね。

例として音を聞いてみてください。(ヘッドホンで聴いてね)
<ベースサンプル音1>
スコア通りですね。(ベース初心者のスタッフに弾いてもらいました)

今度はちょっと感じを変えて弾いてみます。
<ベースサンプル音2>
(てんちょーが弾きました。<ベースサンプル音1>と同じ楽器でピックも同じです。両方エフェクトは何にもかかってません)
(同じくらいの音量になるように<ベースサンプル音1>のレベルを上げてます)

これもスコア通りです…が、ノリを意識して、かつ途中でノリを変えていってます。
ずいぶん違うでしょ。<ベースサンプル音1>だとどこが1拍目かも解りませんね。
要するに本物の音がちゃんと頭に入ってなければ<ベースサンプル音1>で「出来た」ってなっちゃうんですね。

まず、出来るだけいい音で、本物を良く聞きましょう。
そして自分が弾くパートを歌ってみましょう。
(口ギター、口ベース、口キーボード、口ドラムね)
ここで、それっぽく歌える人は自分が出すべき音(演奏)、が頭に入ってる証拠です。
昔っから「歌えないもんは弾けない」とよく言われてますね。

後は歌ってみたと〜りに手が動くように練習。
こういうコピーのしかたを心がければ、こういったフレーズはこう弾いたらかっこいい、っていうのが自分のセンスとして育っていきますので、オリジナルをやりだしてからも差が出ますよ。

耳コピーが一番なんですけどね。
何倍も時間かかるし、聞き取れない音も出てくるからな〜(汗)
まずそれっぽく歌えるようになってから、スコアを見るようにすれば良いかも?

ちなみに歌ってみた時に歌ってない音がスコアに書いてあったら、それは有っても無くてもいい音です。スコアを見ただけでは判断つきません。
この有っても無くてもいい音を弾くのに一生懸命になってしまって、肝心な音がちゃんと弾けてないのも良く耳にします。スコアにらめっこコピーの弊害だな〜 もったいない!(>_<)

楽器は同じでも弾き方で出てくる音は全然違います
最初に良い音の出る弾き方で練習を始めないと、あとで直すのは超大変です。
[School(実技編)]に参加してみてね(*^ー゚)b


カテゴリー: 初級講座 
Copyright © 2011~2017 studio tips All Rights Reserved.