スタジオで音作り(ベース編)

ベース編
ベースはバンドの和声を支える楽器であると共に、リズム楽器としての役割が大きいです。
低音ばかりを強調してしまうと、アタックがはっきり聞こえず、音程もぼやけた音になりがちです。

スタジオチップスのALBITのアンプの場合
BASS:低音:ムンムン:重さ
M.LOW:中低音:ゴンゴン:太さ、音程
M.HIGH:中高音:カンカン:アタック感、音程
TREBLE:高音:ペンペン:アタック感
PRESENCE:超高音:ビンビン:ヌケ
みたいな感じです。

全部真上でベース本体から出てる音に近いニュアンスになります。
詳しくは[バンドマンが知っておいた方が良いPAの知識]

基本的なベース本体の設定はパッシブ(注)の場合、トーンは全開、
2ボリュームタイプ(注)は両方全開、バランサータイプ(注)は真ん中。
アクティブ(注)のベースはいろいろなんで一概にいえないけど、フラットな状態からスタート。
楽器を買う時にベース本体のツマミの役割を良く聞いておきましょう。

音量の設定は[バンドアンサンブル、練習スタジオ編]で説明します。

イコライザーやエフェクターを使わずに、好みの音が出る楽器を選択した方が、ずっと良い結果が出てるように思います。
エフェクターをあんまり使わない分、ギターより弾き方による差が出易いです。
文章で説明するのがすごく無理がある気がする(汗)[初心者向けベース教室]に参加してみてね。

ベースの場合、音作りの参考にしない方がいいCDも多いように思います。
(ムンムンしてて聞き取りずら〜いやつね)
この音で練習すると、音程間違っても、リズムずれても、気がつきにくいです。

自宅練習用の音作りは練習用アンプの場合、アンプによっていろいろなんでノーコメント。
ヘッドホンで練習する場合はPAシステム以上にクセが少ないことが多いので全然OKです。

早くうまくなるための練習用音作りのコツを一つ
コンプレッサー、リミッターは練習では使わない方が良いです。
タッチがバラついた演奏になっちゃいます。
ライブ本番でもほとんどの場合PAの方でコンプ、リミッターをかけますので、自分で持ってなくても問題ないと思います。


カテゴリー: 初級講座 
Copyright © 2011~2017 studio tips All Rights Reserved.