動画撮影用アンサンブルの作り方

具体的な音量バランスのとり方、音色のバランスのとり方は
How to > バンドアンサンブル 内の
[練習スタジオ編] [アンサンブルとアレンジ] [アンサンブルと音作り]
解説してますので、参考にしてください。

アンプの位置、立ち位置は、音と見た目を両立させないといけないので、下記のパターンからアレンジする事をお勧めします。

カメラ位置:下手天井

カメラ位置:上手天井   サンプル動画のサンバ パティーズのカメラ位置です。

カメラ位置:下手入り口横   サンプル動画のJAM & COOLのカメラ位置です。

いつでも録音できるMDメモ録音が動画の音になりますので、メモ録マイクの位置で音量、音色を調整、メモ録音をして各アンプの音量、音色セッティングを見つけておくと撮影当日の作業がスムーズになりますよ。(*^ー゚)b
ーーーーーーーアンプを動かすときはケーブルを踏まないように注意してね。練習が終わったらアンプの位置を元に戻してね。

撮影当日ご希望でしたら、ロビーのスピーカーでアンサンブルをチェックする事も出来ます。


カテゴリー: その他 
Copyright © 2011~2017 studio tips All Rights Reserved.